日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

2020-05-09から1日間の記事一覧

徳田秋聲覚書 『和解』を読む  私小説の悦楽

私は事態の容易でないことを感じた。T―自身にもだが、T―の兄のK―氏に対する責任が考へられた。たとひ其れが不断何んなに仲のわるい友達同志であるにしても、T―の唯一の肉身であるK―氏の耳へ入れない訳にいかなかつた。T―は兼々この兄に何かの助力を乞…