日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

野球

野球小僧のバトン   NHK「平成史スクープドキュメント 第1回 大リーガー NOMO ~“トルネード” 日米の衝撃~」を観る

番組の最後の方だ。インタビュアーが選手としての晩年の時期について質問をした。 「マイナー・リーグやベネズエラリーグでやったわけですね。あの野茂がというような視線は感じませんでしたか」 野茂は少し怪訝な表情をして答える。 「いや、マウンドに立ち…

『プレイボール2』 谷口くん、再び

初めて「グランドジャンプ」という雑誌を買った。表紙はもちろん、谷口くん。『プレイボール2』の新連載が始まった。三十数年ぶりの復活。作者のちばあきおは早くに亡くなっている。『グラゼニ』のコージィ城倉が、続編を引き受けるという大役に着いた。 「…

老いらくの恋  川田順の炎

中井貴一と小泉今日子のテレビドラマ「最後から二番目の恋」(CSの録画です)を見ていて、ふと、「老いらくの恋」という言葉を思い出した。川田順は、あの時何歳だったのか。実は、今の私より、若かったのかどうかが気になったのだ。 本棚にあった「集成昭和…

プレイボール  永遠の谷口くん

プレイボール 最近、夕食どきに野球を見ることがある。普段はバラエティーやクイズ番組などが多いのだが、92歳になる父がつまらなそうな顔をしている時に、野球にする、と聞くと大体、うん、という。自分から野球を見たいとは言わないのだが、父は、地上波…