日付のない便り

日々のとりとめのない覚書 映画や読書 そして回想

「ヨーグルトムース」を作る 粉はないけど、ゼラチンがあったので「教科書」を見ながら、一人調理実習です

「ヨーグルトムース」を作る 粉はないけど、ゼラチンがあったので「教科書」を見ながら、一人調理実習です

 棚を漁ってみるとゼラチンがあった。そういえば、食パン作りに使おうと思った生クリームが100cc残っている。

 しかも、今日も蒸し暑い。

 

 よし、それじゃ、アレを作ろうという、とすぐにメニューやレシピが浮かぶほどの腕はもちろんない。ハイハイから、ようやく伝い歩きができるようになった程度なのだから、こういう場合どうするかというと、今ある条件の中で作ることができるものを、蔵書(!)のレシピ本をひっくり返して探すのである。

 今日の条件はこれだ。

 1 暑い。さっぱりした、冷たいスイーツがいい。

 2 生クリーム100CCは賞味期限が心配だから全部使いたい。

 3 今日は買い物自粛だから、家にあるものしか使えない。

 4 じいちゃん(私の父、95歳)と息子(高校2年)の二人がランチの後のデザートにできるほどのボリュームであること。

 実は、かなりボリュームのあるもので10冊ぐらいはもっていて、半ば呆れられているのだが、実際によく使っているのは、そう多くはない。

今日、使ったのは、次の一冊の中のレシピ。

『殿堂入りレシピがスゴイ。クックバッドの大人気お菓子 増補・改訂版』(扶桑社)

材料

 プレーンヨーグルト  200g

 粉ゼラチン        5g

   水         大さじ2

 砂糖          50g

  生クリーム      1/2カップ

 フルーツやジャム(あれば好みで)  各適量

 

 材料は全て揃っている。つくり方もそう難しくない。ただ、課題が一つあった。

 私が、ヨーグルトムースを食べたことがなかったのだ。これは、基準が分からないということだ。

 もう、時間がない。とにかく、材料を揃えてみよう。といっても、特別な材料はない。

 

作り方は5ステップ

1 耐熱容器に水を入れ粉ゼラチンを振り入れ、ふやかす。

  これは、やったことがあるからわかる。

2 ボウルにヨーグルトを入れ、砂糖半量を加えて泡立て器で混ぜる。

  はて、泡立て器?ハンドミキサーじゃいけないの?

  それにヨーグルトを泡立てたことがないんだけど。

  大体。どのくらいやればいいのかな。 

3 別のボウルに生クリームを入れ、残りの砂糖を加えて7分立てに、泡立て、2に加えてよくしっかり混ぜる。

  やっぱり、ハンドミキサーを使おう。

  なんか、結構ボリュームあるなあ。これで、いいのかなあ。

4 1を電子レンジ(600w)で約10秒加熱してしっかり溶かし、3に加えてよく混ぜ合わせる。

  10秒?10秒でいいの?

5 型に4を等分に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。あればフルーツやジャムをのせて完成。

 あれ、4つ分しかないよ。えー、カップが大きいわけでもないし。どうするかね。

3時間後がこれ。

f:id:kssa8008:20200514215033j:plain

上にのっているのは家内手製のママレード

十分美味しかった。教科書通りだけど。
 

 私の教科書。以下、3冊。